Kaori ODA

Born in Osaka (Japan), 1987. Filmmaker/Artist.
Through images and sounds, her works explore the memories of human beings.


She lived in Sarajevo for three years from 2013 and completed the Doctor of Liberal Arts in filmmaking under the supervision of Bela Tarr in 2016.

Her first feature, ARAGANE (2015) shot in a Bosnian coal mine, had its World Premiere at YAMAGATA International Film Festival and received Special Mention. The film has been screened at festivals such as Doclisboa, Mar del Plata IFF, Sarajevo FF, Taiwan International Documentary FF, and more. 
She is a recipient of Grants for Overseas Study by Young Artists of Pola Art Foundation.

Her second feature, Toward A Common Tenderness (2017) a poetic film research, had its World Premiere at DOK Leipzig and her latest film, TS’ONOT/Cenote (2019) shot in underwater caves in Yucatan Mexico, was premiered in Bright Future section at International Film Festival Rotterdam 2020.

She received the Inaugural Nagisa Oshima Prize in 2020 and the new face award of Minister of Education Award for Fine Arts in 2021.



1987年大阪府生まれ。フィルムメーカー/アーティスト。
イメージと音を通して人間の記憶(声)―私たちはどこから来て 、どこに向かっているのか―を探究する。


2013年、映画監督のタル・ベーラが陣頭指揮する若手映画作家育成プログラムであるfilm.factory (3年間の映画制作博士課程)に第1期生として参加し 、2016年に同プログラムを修了。


2014年度ポーラ美術振興財団在外研究員。ボスニアの炭鉱を主題とした第一長編作品『鉱 ARAGANE』(2015) が山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門にて特別賞を受賞。その後、リスボン国際ドキュメンタリー映画際、マル・デル・プラタ国際映画祭(アルゼンチン)、台湾国際ドキュメンタリー映画祭などを巡る。


2017年にエッセイ映画『あの優しさへ』が完成。ライプティヒ国際ドキュメンタリー&アニメーション映画祭ネクスト・マスターズ・コンペティション部門にてワールドプレミア上映。

2019年最新作長編『セノーテ』が完成。山形国際ドキュメンタリー映画祭、ロッテルダム国際映画祭などに招待され各国を巡回。


2020年、​第1回大島渚賞を受賞。

2021年、『セノーテ』の成果により第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。